水分を必ずふき取る!

オーボエのような管楽器は吹きこんで音を出すので、演奏するたびに管内に水分が発生してしまいます。水分が残ると管内がゆがんでしまったり、割れの原因になってしまうので注意しましょう。また、汚れが付いてトーンホールから水が出やすくなる原因にもなるので、演奏が終わったら、必ず管内の水分を除去するメンテナンスを行うといいですよ。管内の水分を取るには、オーボエ用のクリーニングスワプという掃除用の布を使いましょう。ベル側から上管先まで通してヒモをまっすぐに引っ張って水分を取っていきます。楽器のクリーニング用に売っている羽根を使用してもいいですよ。

ジョイント部分は念入りに

ジョイント部分はガーゼなどを使用して水分を拭き取りましょう。ガーゼを指にからませてやさしくふき取るようにします。ジョイント部分は特に水分や汚れがたまりやすいので拭き残しに注意することが重要ですよ。

トーンホールの水分を出す

トーンホールにたまった水を掃除するには、クリーニングペーパーを使用しましょう。一日吹き終わった後には、とくにオクターブホールにたまった水をしっかり取ることが大事ですよ。メンテナンス方法は、たとえば、第二オクターブキーであれば、まず上管だけを持って、キーを上げてクリーニングペーパーを挟みます。そして、左手の人差し指と中指、薬指でキーを抑えて、右手の指で下の管の穴をふさぎましょう。そのまま楽器をくわえて息を吹き込み、第二オクターブキーだけを押して開ければ、第二オクターブのトーンホール内にある水が吹き出す仕組みです。クリーニングペーパーに水分がつかなくなるまで繰り返すといいでしょう。

オーボエはダブルリードで発音する、円錐形の木管楽器です。名称はフランス語のオーボア(haut bois)で「高い木」を意味し、高音の木管楽器であることを指しています。