北海道ならクリスマスに雪が積もっている

クリスマスとは誰もが一年で一番ワクワクドキドキするイベントとして日本でも定着しています。そして、映画やドラマ・アニメではクリスマス関連作品にてクリスマスと雪がセットになっていますが、実際の日本では12月下旬の時点で雪が降る地方が限られています。そんな中、日本最北端の北海道は12月初旬の時点でも雪が降るため、当日に雪が降るかはわからないものの、積もった雪景色の中で輝く美しいイルミネーションや夜景を楽しめます。そのため、クリスマスの時期に恋人や友達とイルミネーション鑑賞を主な目的として旅行に行くなら北海道がおすすめです。

近年、イルミネーション事業に力が入る函館

北海道南端の都市、函館市は古くから夜景のきれいな街として全国的に有名です。近年では街をあげて冬季のイルミネーション事業に力を入れており、その中でも特にクリスマス時期のイルミネーションイベントに力が入っています。そして、赤レンガ倉庫など函館のレトロな建物などがライトアップされている光景は最高にロマンティックで、年々人気が上昇しています。2016年に北海道新幹線が函館まで開通したため、関東や東北地方から新幹線で簡単に1泊2日で行けるのが特長です。

「日本三大イルミネーション」札幌のイルミネーション

北海道のイルミネーションとして一番有名なのが、人口約200万人の大都市である札幌市中心部の大通公園のイルミネーションです。2017年には某財団法人のイベントにて、全国5000人以上の夜景観賞士の投票の結果、「日本三大イルミネーション」の一つに認定されたほどで、感動間違いなしの絶景です。函館とは違って新幹線では行けない場所ですが、札幌のイルミネーションもおすすめです。

函館市は、北海道の中で歴史のある町で、見どころある場所がたくさんあります。北海道の旅行にはおすすめです。