車内に保管してある書類は改めて用意する必要はない

運輸支局へ行って車検を受ける際に必要となる書類はたくさんありますが、このうち車検証や自賠責保険証明書、定期点検整備記録簿については、車内のグローブボックスに保管されているものをそのまま提出すれば良いので改めて用意する必要はありません。なお、点検を車検終了後に行う場合に限り、定期点検整備記録簿がなくても検査を受けることができます。

もし、車内に書類があるかどうかを確認した時に紛失しているものがあった場合は、車検の手続きに入る前に運輸支局や損害保険会社に申し出て書類を再発行してもらう必要があります。車検証と自賠責保険証明書は車内に無い状態で公道上を運転するのは違法行為にあたり、警察に見つかると処罰されます。つまらないミスで前科がつくことがないように、車検証と自賠責保険証明書は常時車内に保管しておきましょう。

残りの必要書類は検査当日に手に入れればOK

車検を受けるためには、車内に保管されている書類以外にも継続審査申請書や重量税納付書、検査票が必要ですが、これらはすべて運輸支局の用紙専用の窓口で手に入れることができます。運輸支局の施設内には書類を記入することができるスペースがあるため、検査当日に窓口で入手し、その場で必要事項を記入して提出しても構いません。もし、検査前日までに窓口で書類一式を手に入れておいたにも関わらず忘れてきてしまった場合、自宅が遠いのであれば取りに戻らずにその場でつくりなおすのも良い方法です。なお、継続審査申請書には押印をする欄があるので、車検の手続きをしにいくときは実印か認印も忘れずに持参しましょう。

広島の車検はクオリティが高いので安全性に長けた特徴があります。質を求められている車検だからこそ丁寧な作業をしています。